日本の建設業ソフトウェア インフラ・ブームで支出急増へ 

日本がエンジニアリングと建設ソフトウェア ライセンスへの投資を拡大する中、これらの増大するソフトウェアポートフォリオを管理し、最適化するための適切なテクノロジーとサービスが不可欠です。これにより建設会社は、ソフトウェア 資産を効率的に使用し、ソフトウェア ライセンスのニーズを理解し、IT 予算を微調整することができます。 

日本:建設ソフトウェアへの支出は多くない…現時点では。

ハイテク大国として世界的に有名であるにもかかわらず、日本の建設・エンジニアリング業界はしばしばデジタル・イノベーションの導入に消極的な姿勢を示します。この消極的な姿勢は特に、ソフトウェア の支出に顕著に表れています。  

日本の建設ソフトウェア市場は、2023年までに550億円に達するが、2022年からの成長率は1.57%と小幅にとどまります。対照的に、米国市場は同年に7,800億円を突破する勢いです。 

今年の日本の建設ソフトウェアの支出額と米国の支出額との比較。

しかし、こうした保守的なソフトウェア の支出予測にもかかわらず、日本の建設プロジェクトの勢いは依然として楽観的です。中央新幹線や2025年の大阪万博の準備のようなインフラ構想は、日本の建設業界をさらに押し上げると期待されています。 

建設プロジェクトの増加=ソフトウェアライセンス投資の増加  

インフラプロジェクトの増加により、建設会社は専門的なエンジニアリングソフトウェア への投資を大幅に増やそうとしています。しかし、ハードルがあります:それは、日本のデジタルトランスフォーメーション移行の遅れです。  

2022年IMD世界デジタル競争力ランキングでは、技術的熟練度とデジタルトランスフォーメーション能力において、日本は64カ国中29位となりました。この順位は、韓国(8位)、台湾(11位)、中国(17位)といったアジアのリーダーたちに大きく遅れをとっています。   

日本の建設業界は、ソフトウェアインベントリを管理し、ライセンス価値を最大化するための高度なツールや専門知識の不足により、困難に直面する可能性があります。この問題は日本だけの問題ではなく、世界的な懸念です。世界の建設会社の約35.2%は、新技術を採用する際の障壁として、技術に精通したスタッフの不足を挙げています。 

こうした課題があるにもかかわらず、日本の建築・エンジニアリング企業は建設ソフトウェア への投資を強化していくでしょう。日本の業界のトップランナーは、デジタルトランスフォーメーションの本質を認識するようになりました。一貫したデジタル戦略を採用することは、成長を促進し成功を確実なものにするだけでなく、潜在的なビジネスの混乱から身を守るためにも極めて重要です。 

ライセンス・ポートフォリオの拡大:様々な課題

建設会社は、プロセスを合理化し、リソース配分を最適化し、プロジェクトのタイムラインを短縮し、大きな ROI を実現するために、膨大かつ多様なエンジニアリングソフトウェア のポートフォリオを採用しています。これらのライセンスは、組織の IT 支出のかなりの部分を占めています。組織は、自社の建設ソフトウェア 資産を最大限に活用し、その投資によって最大の価値を引き出すことが不可欠です。    

多数の技術系ソフトウェアライセンスの管理は複雑です。適切なソフトウェアライセンス管理ソリューションがなければ、IT リーダーはこれらのライセンスが実際にどのように使用されているかを把握するのに苦慮しています。ライセンスが有効であっても、特定のユーザー、使用期間、使用頻度を特定することは困難です。さらに、同時使用、ネームドユーザー、トークン、ドングルなど、最適なライセンスモデルを決定する作業も大変です。   

このようなライセンスの使用に関して明確かつ明瞭に把握していないと、交渉の姿勢が弱くなり、建設ソフトウェア の調達や更新プロセスを複雑にします。監視すべき技術系ライセンスが無数にあるため、企業は複数のライセンスマネージャーを使いこなすことが多いのですが、その多くは限られた知見しか提供しません。報告書の作成には手間がかかり、最終報告書の解釈も難しいのです。このような事態では、誤った情報による意思決定、不正確な予測、最適とは言えない条件での高額な契約という結果を招きかねません。

Open iTで建設ソフトウェアライセンスの価値を最大化する

ソフトウェアライセンスの管理は、特に建設、建築、エンジニアリングのような分野では、複雑になりがちです。これらの業界では、プロセスを最適化し、品質を確保し、競争力を維持するために、広範な建設ソフトウェアセットが必要です。しかし、技術系ソフトウェアライセンスのポートフォリオが増えるにつれ、それらを効率的に管理する課題も増えています。   

Open iTはソフトウェアライセンス管理の分野を大きく変える存在である。   

詳細なライセンス利用分析。Open iT は、ソフトウェア のライセンス使用状況を明確に把握します。このことによって、企業は、どのツールが重要で、どのライセンスが使われておらず、どのライセンスがコストに見合っていないかを知ることができます。この的確に状況を把握することで、建設会社は、より賢明なソフトウェアライセンスの選択を行うことができます。 

カスタマイズされたエクスペリエンス。 Open iT は、完全なクライアントエクスペリエンスを提供します。独自のニーズを認識し、お客様の会社の要件や業界ベンチマークに沿ったカスタムレポートなど、Open iTは、顧客に合わせたサービスを提供しています。 

ライセンスコンプライアンスとリスク軽減: Open iT は、建設会社がソフトウェア のライセンス契約を厳守するために不可欠な知見を提供します。これらの知見は、企業がコンプライアンス問題から生じるリスクを軽減し、多額の罰金を回避するのに役立ちます。  

ライセンシングシナリオのシミュレーション:Open iT は高度なシミュレーション機能を提供し、企業は様々なライセンスの状況を想定し、最も効率的なアプローチを確認することができます。   

情報に基づいた意思決定: 膨大なデータ量に圧倒されかねません。Open iT は、重要な情報のみに焦点を当て、無関係なものをフィルタリングすることに優れています。生データを実用的な洞察に変換することで、Open iTは 、意思決定を確実に常にデータに裏打ちされたものにするのです。   

ベンダーとの交渉力の強化。ソフトウェアライセンスの使用状況を明確に理解することで、組織はソフトウェア プロバイダと有利な立場で交渉することができます。その結果、費用対効果が高く、組織の要件に沿った契約が結ばれ、投資に対する最大限の価値が保証されます。 

千代田フィリピン:ライセンスの可視化が大幅な節約につながる

Open iT は、世界中の大手建設会社やエンジニアリング会社と協力しています。千代田化工建設の子会社である千代田フィリピンは、様々な部門にまたがる大規模な建設ソフトウェアライセンス・ポートフォリオを管理しています。しかし、以前は正確な使用レポートを作成するために必要な可視性がなく、予算編成や予測作業が複雑になっていました。

Open iTのLicenseAnalyzer により、千代田化工建設はソフトウェアライセンスを明確に把握できるようになりました。このツールは、ライセンスの管理と最適化を容易にし、重要なデータを提供しました。千代田化工建設は、必要に応じてソフトウェア のライセンスを調整することができ、コストを削減し、従業員の一貫したアクセスを確保することができました。 

"Open iT の使用状況レポートによって、詳細なビジネス上の意思決定が可能になり、最小限の労力でアプリケーションを最適化し、年間ソフトウェア の支出を大幅に削減することができました。"

千代田フィリピン株式会社 取締役/シニア・バイスプレジデント

Archi Future 2023でのOpen iT

2023年10月26日午前10時から午後6時45分まで、東京で開催されるArchi Future 2023にご参加ください。東京ファッションタウン(TFT)ホールで、建築、エンジニアリング、建設の業界リーダーや超一流の専門家と交流しませんか。 

Archi Future 2023は単なるプレゼンテーションにとどまりません。建築環境の未来に飛び込むのです。特に都市と人口が増加するにつれて、私たちの世界を再構築するイノベーションについて学びましょう。 

Open iT は、エンジニアリング、建築、建設業界のデジタル進化をサポートしています。その洗練されたソフトウェア ライセンス管理プラットフォームを通じて、企業は建設ソフトウェア ライセンスの使用状況などに関する正確で実用的な洞察を得ることができます。これは、管理を合理化するだけでなく、大幅なコスト削減を促進し、包括的な戦略目標との完璧な相乗効果を保証します。   

東京でお目にかかりましょう。

詳細については、ソフトウェア ライセンス管理のスペシャリストにお問い合わせください

話をしよう

Open iT 、貴社のビジネスにどのようなメリットがあるかをご紹介します。
ご注意:
このフォームを送信することにより、Open iT からの追加の連絡を受け取ることに同意したものとみなされます。 お客様の情報は、当社のプライバシーに関する通知に従って処理されます。