LicenseAnalyzerプラグイン

LicensePredictor

モニタリングにとどまらず、予測するために使用状況のデータを活用します

LicensePredictor LicenseAnalyzer2022.のためのプラグインです。このプラグインは最新の機械学習技術を使用し、常に変動する変化点と異常検出を適用し、次期予算編成サイクルのソフトウェア・ライセンス使用状況を予測することで、組織の意思決定、ITリソースの適切な計画と配分を支援します。
LicensePredictorはまた、システムの完全性を維持する上で重要な、起こりうるデータの異常を検出し、ユーザーに警告します。 Open iTの20年にわたる使用状況データの経験と、未来の人工知能を組み合わせます。

メリット

先進のライセンス使用状況の予測

早期の異常検出

想定されるライセンス使用量の
変化に対応

レポート

傾向と使用パターンの分析

想定される使用状況に応じた予測。

先進の予測機能

ライセンス調整の時期を予想するための詳細な予測。

早期の異常検出

検知された異常の数、作成された予測の数、異常が検知された最新の日付を含む全体の状況。

電子メールのアラート

製品や機能の検出された異常について、管理者に最新の情報を提供します。

メリット

ガイドツアーに参加

1対1のウォークスルーで答えを得ます。

ライブ・デモのご予約はこちらから。Open iTの使用状況計測ツールを使った効率的なソフトウェア資産管理計画が、お客様のビジネスにどのようなメリットをもたらすかをご紹介します。

*印の欄は入力必須です

最新のブログ

ホワイトペーパー

コスト配分とITチャージバック

ITリソースの使用状況についての説明責任と意識を高めるための最も効率的な方法は、チャージバックシステムを導入することです。そして、リソースの効率的な利用と公正な分配の鍵は、IT製品やサービスのITリソース使用状況の計測に基づいて
チャージバックを行うことです

柔軟なライセンスへの道

ソフトウェアベンダーは、柔軟なライセンス ソリューションを使用することで、実際に計測された使用状況に
基づく柔軟なライセンシングを、どのように製品ポートフォリオに問題なく提供するかをご紹介します

導入事例

ミッター・オイ社

導入事例 ミッター・オイ社はOpen iTを使用してITの可視化を実現し、Autodeskライセンスを50%削減しました

バーンズ&マクドネル社

バーンズ&マクドネル社

“LicenseAnalyzer2020 は、アプリケーションのコストを実際の必要性に照らして評価するのに役立ちます。包括的な Open iT レポートのおかげで、未使用のライセンスだけで、全体のソフトウェア費用の 25% も節約することができました。”

バージョンベイ

バージョンベイ

“Analyzer for Mathworks® Licensingは非常に強力で、非常に柔軟です。どんな質問にもすぐに対応できるOpen iTの機能を備えているのは素晴らしいことです。”

ニュースレターを購読

ご登録いただくと、最新のニュースや情報をお届けします。
X