ベンダーとの交渉

課題:交渉をより有利に進めるために

使わないITにお金を払うことは、ビジネスにとっては不利益です。かと言ってコストのかかるリソースを制約してしまえば、組織全体のスピードは衰え、投資1ドルあたりで得られるIT利用率は低下してしまいます。

高額なソフトウェア・ライセンスを保有する企業は、ソフトウェ アの使用状況を把握することで最も大きな利益を得ることができます。ライセンスの支払いにどのようなライセンスモデルを採用しているかにかかわらず、重要なことは、実際のソフトウェアライセンスの使用状況を計測する信頼のおける方法を確立し、使用状況レポートの分析を定期的に行うことです。

適切なツールを使用すれば、契約更新の際に有利な条件で契約を更新したり、追加のインセンティブを申請したり、固定の企業料金を請求する契約を見直して、代わりに実際の使用量に応じて請求できるかどうかを確認したりすることができます。

正確なメータリングと使用状況のレポートにより、IT管理者はサー ビスプロバイダーやソフトウェアのベンダーと交渉することができ、ソフトウェアライセンスの文書化された使用量に合わせて契約を調整し、ペイパーユースを結ぶことができます。また、古いソフトウェアの契約を見直すことで、割引を受けたり、保守費用を抑えたりすることができます。また、ソフトウェアの使用状況を監視するツールを使用して、実際の全体的なライセンス使用状況を測定・計算し、組織全体の正確なソフトウェアレポートを作成することで、企業ライセンス契約の交渉をより有利に進めてコストの削減につなげることができます。

使っているソフトウェアライセンスのみを支払う

企業全体のソフトウェア使用量をメータリングすることは、ペイパーユースライセンス契約の交渉に役立つだけでなく、次のようなことも可能にします。

  • タイムゾーンを跨いだライセンス共有で有効に活用
  • タイムゾーンを跨いだライセンス共有で有効に活用
  • ソフトウェアライセンスのコンプライアンスのための第三者による文書化
  • 将来のライセンスコストに対する正確な予算計画

Open iTソフトウェア・スイートを使用すれば、誰がいつ、どのよ うにライセンスを使用したかを、場所、ビジネスユニット、プロジェクトグループごとに、企業全体から一人のユーザーに至るまで、世界規模でWebブラウザからリアルタイムで確認することができます。

関連製品とソリューション

ソフトウェアライセンスの管理
企業全体の正確なライセンス使用状況のレポートの取得

CPU 使用率の監視
システムパフォーマンスの向上

データストレージ管理
ITストレージ資産の最適化

 


話をしよう

Open iT 、貴社のビジネスにどのようなメリットがあるかをご紹介します。
ご注意:
このフォームを送信することにより、Open iT からの追加の連絡を受け取ることに同意したものとみなされます。 お客様の情報は、当社のプライバシーに関する通知に従って処理されます。
X