LicenseAnalyzer2022プラグイン

LicensePlanner

お客様の組織内に公正で正確なチャージバックと会計システムとの統合

LicensePlanner™は、以下のプラグインです。 LicenseAnalyzer2022 のプラグインです。ライセンスされたソフトウェア アプリケーションとライセンス契約を管理、計画、最適化するための機能性を提供します。見積もり、予算、実際の支出に関する年間データを統合できるシステムを使用して、ソフトウェア 維持費をより適切に配分するための洞察を構築するのに役立ちます。

メリット

完全かつ詳細で、手に入れやすいベンダー情報を活用してソフトウェア・ライセンスを管理します

事前の請求書作成による財務統合

ソフトウェアのメンテナンスコストの見積もりと実績を詳細にモニタリングし、予算管理に役立てます

レポート

ITチャージバックの実現

固定の単価に基づいたチャージバックと利用実績に基づいたチャージバックを組み合わせるなど、柔軟なチャージバックモデルをサポートします。配分モデルは使用状況、時間、ユーザー、プロジェクト、セッションのいずれかに基づいています。

ライセンスのフィーチャーと価格との対応表

ベンダーの価格表に記載されているそれぞれの製品にどのライセンス・フィーチャーが使用されるかを対応させることにより、公正で正確なチャージバックを可能にします。

事前の請求

請求書の自動化を設定します。

プロジェクトごとのチャージバック

プロジェクトごとの使用状況を把握し、それに応じてチャージバックを設定します。

ソフトウェア契約管理

ベンダーデータ、アプリケーション情報、権限を一元化管理します。

最新情報

LicensePlanner

ガイドツアーに参加

1対1のウォークスルーで答えを得ます。

ライブ・デモのご予約はこちらから。Open iTの使用状況計測ツールを使った効率的なソフトウェア資産管理計画が、お客様のビジネスにどのようなメリットをもたらすかをご紹介します。

*印の欄は入力必須です

最新のブログ

MathWorksのライセンスを理解する

正直に言うと、エンジニアリングソフトウェア のライセンス管理は簡単な作業ではありません。Microsoft Office のような従来の管理用製品を扱っているライセンス管理者は、この複雑さを理解していません。

ホワイトペーパー

コスト配分とITチャージバック

ITリソースの使用状況についての説明責任と意識を高めるための最も効率的な方法は、チャージバックシステムを導入することです。そして、リソースの効率的な利用と公正な分配の鍵は、IT製品やサービスのITリソース使用状況の計測に基づいて
チャージバックを行うことです

柔軟なライセンスへの道

ソフトウェアベンダーは、柔軟なライセンス ソリューションを使用することで、実際に計測された使用状況に
基づく柔軟なライセンシングを、どのように製品ポートフォリオに問題なく提供するかをご紹介します

お客様の声

バーンズ&マクドネル社

バーンズ&マクドネル社

“LicenseAnalyzer2020 は、アプリケーションのコストを実際の必要性に照らして評価するのに役立ちます。包括的な Open iT レポートのおかげで、未使用のライセンスだけで、全体のソフトウェア費用の 25% も節約することができました。”

バージョンベイ

バージョンベイ

“Analyzer for Mathworks® Licensingは非常に強力で、非常に柔軟です。どんな質問にもすぐに対応できるOpen iTの機能を備えているのは素晴らしいことです。”

バーリントン・リソース

バーリントン・リソース

"Open iTは、高度な生産のニーズをサポートし、供給してビジネスを拡大する上で、コスト管理に役立っています。これは...Open iT LicenseAnalyzer2020なしでは実現できなかったでしょう。"

ニュースレターを購読

ご登録いただくと、最新のニュースや情報をお届けします。
X