ドングルライセンスの基礎知識

詳細はこちら

ソフトウェアライセンシングに関して言えば、ほとんどのユーザーは最も柔軟で管理しやすく、安全で、保護されたソリューションを求め、それに傾倒しています。ライセンシングソリューションと設計が、高価なソフトウェアライセンスを効率的かつ最適に利用するというユーザーのニーズを満たすものであれば、それはより魅力的なものです。

ISV が導入した安全で保護されたソフトウェアライセンシングソリューションの 1 つに、ドングルライセンシングがあります。これは、アプリケーションの特定のバージョンに対するソフトウェアライセンスの保護されたコピーを含む電子ポータブルデバイスです。ソフトウェアのライセンシングは、ネットワークやパラレルポート、あるいは個々のソフトウェアのインストールを通じて行われるのが一般的です。しかし、ドングル・ライセンシングはUSBポートを使用するため、よりポータブルで様々なユーザー間で共有することが非常に簡単です。

ドングル・ライセンスには、ローカルとネットワークの2つのインストール・モードがあります。ローカル・ドングル・ライセンスは、コンピュータのUSBポートにドングルを差し込むことで行われます。このインストールのライセンスは、ネットワーク内の他のユーザーと共有することはできませんが、ライセンスを取得する同じアプリケーションのコンピュータに特定のドングルを差し込むことで、別のユーザーが使用することは可能です。ネットワークタイプのインストールは、サーバークライアントモデルのように、ドングルサーバソフトウェアを含む設定されたライセンスサーバを持ち、ネットワークを介してライセンスを使用するコンピュータは、ドングルライセンスサーバのランタイムファイルを持っている必要があります。

一般に、ドングルライセンスのネットワークベースのインストールだけが、ライセンス使用の概要を報告する機能を備えています。ドングルと一緒にインストールされ、ライセンス情報を提供するユーティリティもありますが、より完全なレポートを提供するのはドングルライセンスサーバーです。例えば、WibuKeyシステムには、WibuKeyライセンスサーバーと一緒にライセンスモニターツール(WkSvMOn)がインストールされています。WkSvMOnは、運用中のアクティブなライセンスについて、必要な情報や概要を提供するツールです。

Codemeterドングルで使用されるもう一つのツールは、WebAdminです。これは、ネットワークを介してコードメーター・ライセンスサーバーに接続されたコードメーター・ライセンスコネクターのライセンス使用状況について、様々な機能や概要を提供するWebベースのポータルサイトです。この強力なツールは、コードメーター・ライセンスサーバーと一緒にインストールされます。

これらのツールは、以下の情報を提供します。

  • ライセンスを使用している同時使用ユーザー数
  • ユーザーがライセンスに最初にアクセスした開始時間。 。
  • ユーザーがライセンスを使用する期間(長さ)。
  • 利用可能なライセンス数;
  • 共有ライセンス数

これらのレポートツールは、特定のプロバイダーとライセンスサーバーがある場合に非常に便利です。しかし、ローカルドングルのみでライセンスサーバーがない場合や、Codemeter と Wibukey の両方を使用している場合、ライセンス使用状況のモニタリングとレポート作成は、すべてを一元的に表示できないため面倒な作業となる可能性があります。

このような場合、ドングルベースのライセンスと他のライセンス方式をサポートする強力な技術系ソフトウェア管理ツールが非常に役に立ちます。このツールはポーリングとログ解析のメカニズムを使用して、インストールされた各ドングルのライセンス情報と使用状況を取得することができます。

ポーリング

ライセンスステータスユーティリティは、ドングルの C ベースの API からデータをフェッチするように設計することができます。この API は、接続されたすべてのドングルのライセンス・インベントリを提供する役割を担っています。 これらのユーティリティでは、特定の poll パーサーを実行して、収集した生のドングルデータをレポート生成に適した形式に変換することができます。 ライセンスの使用状況を適切に把握するためには、データコレクターがインストールされているコンピュータにドングルを接続する必要があります。

ログ・パーシング

ログ解析では、ログファイルを解析して処理し、ライセンス使用状況レポートを作成するのに必要な情報を取得します。このデータ収集方法は、履歴が残るため、より有用です。ログファイルが最初に生成された時点から、現在の時点までのすべてのデータを読み取り、解析し、レポートすることができます。 この機能を使用するには、ライセンス サーバにデータ コレクタをインストールする必要があります。

データレポート

収集されたデータを通じて、様々な重要なレポートを作成することができます。Open iT® LicenseAnalyzer2020ドングルレポート ツールには、次の情報に関するレポートを作成する機能があります。

  • Host- ライセンスのホスト名
  • Serial Number- ドングルのシリアルナンバー
  • Vendor-ドングルのベンダー名または会社名
  • Vendor Code - ベンダーコードまたはドングルのファームコード
  • Feature-アプリケーション名またはライセンスされた機能
  • Feature Version- アプリケーションのバージョン
  • User- ライセンスを使用するユーザーのユーザー名
  • 利用可能なライセンス
  • Duration- ライセンスの使用時間の合計
  • 平均使用ライセンス数
  • 最大使用ライセンス数
  • 平均使用率
  • 最大使用率
  • Elapsed Time- ライセンスの合計使用時間

この情報を利用すれば、WibuKey、Codemeter、Vectorなどの様々なドングルベースのライセンスに対する管理・制御がより簡単に、より管理しやすくなります。

ドングルベースのライセンスを他のライセンス方法と組み合わせて効果的に管理する方法については、こちらをご覧ください技術系ソフトウェア の管理と最適化の道のりをご案内します

話をしよう

Open iT 、貴社のビジネスにどのようなメリットがあるかをご紹介します。
ご注意:
このフォームを送信することにより、Open iT からの追加の連絡を受け取ることに同意したものとみなされます。 お客様の情報は、当社のプライバシーに関する通知に従って処理されます。
X