Azureでデプロイを加速する

Azure導入時のアクセラレーションのイメージ

会社が時間とともに成長するにつれ、ビジネスの技術的要件も成長または変化します。その結果、ビジネスに不可欠なアプリケーションの展開が複雑になることがあります。このため企業は、新しいマシンやアプリケーションのデプロイメントをより簡単かつスムーズに行う方法を探さなければなりません。幸いなことに、今日のクラウド・コンピューティングの時代では、ビジネス・アプリケーションを繰り返しクラウドにデプロイすることができるため、デプロイを反復的に行うことができます。

主要なクラウドサービスプロバイダーの1つであるAzureは、Azure Marketplaceで提供されているアプリケーションに限らず、Infrastructure as Codeを利用してアプリケーションの展開を自動化する方法を数多く提供しています。

Azure Marketplace

Azure Marketplaceは、クリックするだけでデプロイできるAzureアプリケーションやサービスを集めたものです。一部は仮想マシンイメージ、一部はソリューションテンプレートです。

一方、ソリューションテンプレートは、仮想マシンのネットワーク、データベースサーバー、Webアプリケーションサーバーなど、複雑なインフラを必要とするアプリケーションです。

Marketplaceでは、IT管理者は、正しいネットワーク/インフラ上でのアプリケーションの設定や、各リソースの手動での展開など、手作業によるものの設定を省略することができます。

ARMテンプレート

また、Azureは、ビジネスアプリケーションのインフラをコードに変換し、デプロイ時に繰り返し使用できる方法を提供します。Azureは、インフラをコードとして実装するために、 Azure Resource Manager(ARM)というテンプレートを提供しています。ARMは、JavaScript Object Notation(JSON)ファイルで、クラウド環境にデプロイされるリソースを保持します。

このテンプレートを使用すると、宣言的な構文により、Azureインフラストラクチャを宣言的に展開できるなど、多くのメリットがあります。また、このテンプレートを複数のデプロイメントインスタンスで使用すると、リソースがまったく同じ状態でデプロイされるため、各デプロイメントの繰り返しで一貫した結果を得ることができます。

そのため、このようなテンプレートを使用することで、手動で何度も行うよりも、信頼性と複数のインスタンスへの展開のスピードが向上します。

Open iT LicenseAnalyzer2020™ Client-onlyは、まもなくAzure Marketplaceで提供され、既存のAzure VMに導入することができます。

Azure MarketplaceからOpen iT を展開する方法や、既存のARMテンプレートに埋め込む方法など、詳しくはこちらをご覧ください。エンジニアリングソフトウェア の管理と最適化については、当社にお任せください。

X