カスタマーサクセスストーリー

バージョンベイ

Mathworks®のライセンスの管理

“Analyzer for Mathworks® Licensingは非常に強力で、非常に柔軟です。どんな質問にもすぐに対応できるOpen iTの機能を備えているのは素晴らしいことです。”

バージョンベイ社、共同創業者 ギャレス・トーマス氏

ハイライト

  • バージョンベイ社は、MATLABとさまざまなツールボックスの使用状況を把握し、特定のプロジェクトに関連付けることを望んでいました。
  • また、チームがMATLABの各バージョンで使用した時間数をモニタリングし、特定のバージョンのMATLABに標準化することで生産性を向上させたいと考えていました。
  • Analyzer for Mathworks® Licensing Level 2 と LicensePlanner を導入することで、バージョンベイ社は特定の MATLAB バージョンだけでなく、各バージョンの使用期間も把握することができました。

会社・事業概要

VersionBayは、他の企業がMATLABの新しいバージョンに移行する際のリスクを軽減し、その価値を定量化するお手伝いをしています。そのために、同社は独自の内部テストツールを開発し、MATLABのバージョン間での数値の正確さ、異なるバージョン間でのパフォーマンスやメモリのプロファイルを検証しています。VersionBay社のビジネスモデルは、既存のMATLABコードを新しいバージョンで動作させ、そのベストプラクティスを顧客と共有することに基づいています。

ビジネスチャレンジ

"VersionBay社の共同設立者であるGareth Thomas氏は、「MATLABの使用状況を測定・追跡する良い方法を見つけるのに何年も苦労しました。

バージョンベイ社が対処すべき主な問題は2つありました。1つ目は、MathWorksのツールはバージョンベイ社のソフトウェア予算の中で最も大きな項目の一部であり、各プロジェクトに何時間の計算時間が費やされているかを把握することが常に困難なことでした。2つ目は、各コンサルタントがMATLABの各バージョンを何時間使用したかを社内で数値化することが困難であったことです。

ホワイトペーパー

コスト配分とITチャージバック

ITリソースの使用状況についての説明責任と認識を高めるための最も効率的な方法は、チャージバックシステムを導入することです。

ソフトウェア使用状況の監視と最適化

石油・ガスのIT環境における使用状況の監視が、多くの関係者にとってどのように有益であるかをご紹介します。

サブスクリプション及びペイパーユースのソフトウェアライセンスモデルの利用の増加

新しいライセンスを決定する前に、対象となるソフトウェア使用状況の適切な評価と計画を行うため、目的にあったソフトウェア使用状況指標とツールをご用意します

ガイドツアーに参加

1対1のウォークスルーで答えを得ます。
ライブ・デモのご予約はこちらから。Open iTの使用状況計測ツールを使った効率的なソフトウェア資産管理計画が、お客様のビジネスにどのようなメリットをもたらすかをご紹介します。
*印の欄は入力必須です

最新のブログ

ニュースレターを購読

ご登録いただくと、最新のニュースや情報をお届けします。



ニュースレターを購読していただき、ありがとうございます。

X