ソフトウェア ライセンス管理:航空宇宙・防衛ソフトウェア 2024年のコスト最適化の鍵

ソフトウェア 2024年、航空宇宙・防衛ライセンスコスト最適化の鍵を握るライセンス管理

航空宇宙・防衛ソフトウェア 支出:増加

航空宇宙・防衛部門は、同部門のダイナミックな成長を反映し、ソフトウェア 支出の一貫した増加を目の当たりにしている。この傾向は、2023年の860億ドルから2028年には1,186億ドルを超えると予想される世界の防衛IT支出の増加によって実証されている。

ジェネレーティブAIやデジタル・ツインのような画期的な技術の登場により、航空宇宙・防衛企業は大きなリターンを期待して、これらの分野への投資を増やしている。これらの先端技術の統合は、単なるトレンドではなく、より洗練され、効率的で競争力のある業務への戦略的シフトである。

ソフトウェア ライセンス管理:これまで以上に不可欠に

包括的なソフトウェア ライセンス管理ソリューションの役割は、ますます重要になってきている。このようなソリューションは、航空宇宙および防衛関連企業が法的基準を遵守するだけでなく、 ソフトウェア の支出を最適化するために役立ちます。

2023年から2028年までの世界の国防IT支出

ライセンスを使用ニーズに合わせる:航空宇宙および防衛プロジェクトでは、多くの場合、特殊なソフトウェア が必要です。これらのソフトウェア ライセンスの使用状況を追跡・分析することで、企業は、未使用または使用率の低いライセンスに過剰な経費がかかっていないことを確認することができます。このようにライセンスを実際の使用状況に合わせることで、不必要な出費を避けることができます。

コンプライアンスリスクと罰則の回避:これらの業界は厳しく規制されており、ソフトウェア のライセンシングに対するコンプライアンス違反は、厳しい法的および金銭的な結果につながる可能性があります。最適化により、使用するライセンス数がソフトウェア の条件に準拠していることが保証されるため、高額な罰金や法的紛争を回避することができます。

より良い契約条件の交渉:ライセンス最適化ツールから得られるデータにより、航空宇宙および防衛関連企業は、ソフトウェア ベンダーとの交渉において、より多くの情報に基づいた交渉を行うことができる。実際のソフトウェア ニーズと使用パターンを理解することで、より要件に合った契約交渉が可能になり、コスト削減やより有利な条件につながる可能性がある。

ダウンタイムの削減と効率の向上:必要なときに必要なソフトウェア ライセンスが常に利用できるようにすることで、最適化は、ライセンスの問題によって引き起こされる運用停止時間のリスクを低減します。この効率性は、プロジェクトのタイムラインと効率が重要である航空宇宙および防衛セクターにおいて極めて重要です。

戦略的 IT プランニングの促進:ライセンスの最適化により、将来の計画立案に貴重な洞察が得られる。航空宇宙および防衛関連企業は、このデータを使用して、ソフトウェア の新規購入、アップグレード、または廃止について、情報に基づいた意思決定を行うことができ、ソフトウェア ポートフォリオが戦略的目標に沿ったものとなるようにすることができます。

拡張性と柔軟性をサポート:プロジェクトスコープが急速に変化する業界では、必要に応じてソフトウェア ライセンスを増減できる機能が不可欠です。

Open iT の強み

Open iT ソフトウェア ライセンス管理ソリューションは、航空宇宙および防衛関連企業にいくつかの利点を提供し、ソフトウェア の投資価値を最大化するのに役立つ:

完全な可視化とコストの最適化:Open iT は、企業が ソフトウェア の使用状況を追跡・分析し、使用率の低いライセンスを特定するのに役立ちます。この情報により、企業は購入するライセンス数を減らしたり、実際の使用状況に基づいてソフトウェア 契約の再交渉を行うことができ、コスト削減につながります。

コンプライアンスと監査の準備:航空宇宙および防衛分野では、セキュリティや所有権に関する懸念から、ライセンス契約の厳格な遵守が求められるソフトウェア を使用することがよくあります。Open iT は、コンプライアンス管理を支援し、コンプライアンス違反から生じる罰則や法的問題のリスクを最小限に抑えます。また、詳細な使用レポートを提供することで、監査への準備を確実にします。

彼らのサクセス・ストーリーはこちらをご覧いただきたい。

セキュリティの強化:航空宇宙・防衛プロジェクトの機密性を考えると、誰がソフトウェア にアクセスできるかを制御することは極めて重要である。Open iT'sの管理ソリューションは、堅牢なアクセス制御の設定に役立ち、許可された担当者のみが特定のソフトウェア アプリケーションを使用できるようにすることで、全体的なセキュリティを強化することができます。

効率的なリソース配分:ソフトウェア の使用パターンを理解することで、企業はリソースをより効果的に割り当てることができる。例えば、ある設計ツールが特定のプロジェクトフェーズで多用される場合、企業はそれに応じて計画を立て、必要なときにこれらのツールがすぐに利用できるようにすることで、ワークフローにおけるボトルネックを回避することができます。

データ主導の意思決定:Open iT は、ソフトウェア の使用状況に関する詳細な分析とレポートを提供します。このデータ駆動型アプローチにより、経営陣はソフトウェア 投資について十分な情報に基づいた意思決定を行うことができ、リソースの効率的な使用と事業目標とのより良い整合につながります。

カスタマイズと統合:航空宇宙・防衛関連企業には特定のニーズや既存システムがあることが多い。Open iT ソリューションはカスタマイズが可能で、他のIT管理システムと統合できるため、シームレスなエクスペリエンスを提供し、ソフトウェア エコシステムの実用性を最大限に高めることができる。

グローバルなサポートと拡張性:航空宇宙・防衛産業のグローバルな性質を考慮し、Open iT'sのソリューションは、幅広い言語とタイムゾーンをサポートするように設計されており、小規模なチームから大規模な多国籍企業まで、組織の規模やニーズに応じて拡張することができます。

複雑化するライセンス契約

航空宇宙および防衛産業におけるソフトウェア ライセンス支出の軌跡は、顕著な増加を示している。この増加は、進化するライセンシングモデルの複雑さと、これらの業界が活動する厳しい環境に影響されている。厳格な規制要件、顧客の期待、および特定の契約と製品仕様によって特徴付けられ、これらの要因は、ソフトウェア のライセンシングコストを管理する上で、集合的に複雑な課題をもたらします。

Open iT は、航空宇宙と防衛の企業に、ライセンシングのエコシステムに対する包括的な可視性を提供し、ソフトウェア の利用と割り当てを深く詳細に理解することを可能にする。このきめ細かな洞察は、これらの企業が最適化のための戦略的な機会を特定し、行動するのに役立つ。Open iT の機能を活用することで、航空宇宙および防衛企業は、ソフトウェア の交渉、買収、および更新を強化できるだけでなく、ソフトウェア の投資から最大限の価値を引き出していることを確認することができます。

Open iT 担当者よりご連絡いたします。

話をしよう

Open iT 、貴社のビジネスにどのようなメリットがあるかをご紹介します。
ご注意:
このフォームを送信することにより、Open iT からの追加の連絡を受け取ることに同意したものとみなされます。 お客様の情報は、当社のプライバシーに関する通知に従って処理されます。