3 リモートソフトウェア ライセンスに関する3つの課題

リモートソフトウェアライセンスを効果的に適用するための3つの方法のブログ画像

COVID-19の大流行が世界経済に影響を与え続け、多くの人々の働き方を破壊する中、リモートソフトウェア ライセンシングの新しい在宅勤務(WFH)戦略により、様々な新しいビジネスチャレンジがもたらされました。

リモートワークは、一部の人にとっては新しい習慣ではありませんが、はるかに大規模に行う場合には、リソースの制限、労働力の剥奪、財政的な不安定さなど、かなり多くの課題が発生するものです。

特に、高価なエンジニアリングソフトウェア 、円滑な運用のために多くのリソースを必要とするアプリケーションを使用している企業にとっては、この上ないメリットです。

ここでは、ソフトウェアアプリケーションライセンスを効果的に管理するためのWFHの課題とその対処法を紹介します。

  • 接続性の問題

    従来は、生産性を確保するために、ユーザーはライセンスに自由にアクセスすることができました。しかし、自宅で仕事をするには安定したインターネット接続が必要であり、仮想プライベートネットワーク (VPN) から切断される可能性が常に存在します。接続の問題により、一部のユーザーはライセンスを借用せざるを得なくなり、同時使用ライセンスの比率が1対多から1対1になる可能性があります。その結果、他のエンジニアが使用できるライセンスが不足する可能性があります。そのため、誰がどのライセンスを使用しているかの可視化とともに、この点を適切に管理することが重要です。

    ソフトウェア・ライセンスを効率的に活用するためには、まず、同時使用ライセンスを共有できるホスト・バウンド・ライセンスにアクセスできるかどうかに留意する必要があります。購入したライセンスの使用状況をモニタリングすることで、適切な把握と管理が可能になります。借用ライセンスや予約ライセンスは、この問題をさらに悪化させる可能性があるため、測定によってこの点についても把握することができます。有料ライセンス契約を結んでいる場合、IT管理者は、在宅勤務の実施中に必要に応じてユーザーを入れ替え、オーバードラフト使用量を最小限に抑えるか、トークン使用を制限する可能性があるかどうかを判断することができます。

  • コンプライアンス上の問題

    多くのベンダーが場所に関する使用制限を指定しているため、ライセンスの使用状況を把握することは、既存のソフトウェア使用権に対するコンプライアンスを維持する上で非常に重要です。指名ユーザーライセンスには、インストールできるマシンの台数に制限がある場合があります。また、顧客のライセンス契約によっては、利用可能なライセンスが不足し、オーバードラフトが急増してしまうこともあり得る。例えば、同時使用(基本)+従量課金が混在している場合、ユーザーが一度ライセンスを借り始めると、当座貸越や従量課金が増加することになります。

    <Therefore, the ability to report application usage by location will be an important tool to use in vendor negotiations to determine actual needs by usage as well as location. Some vendors may express relaxation of policies during this pandemic, but it would be best to confirm it with the vendor and to get it in writing.

  • リソース監視の問題

    ライセンスホッグとは、ライセンスサーバーから複数のライセンスをチェックアウトするユーザーのことで、その結果、他のユーザーがライセンスをチェックアウトすることが拒否され、困難になることがあります。他のユーザーの中には、最終的にライセンスが必要になったときにライセンスを「予約」するために、長期間にわたってライセンスをチェックアウトする人がいるかもしれません。また、外部のタスクに取り組むためにライセンスをチェックアウトするユーザー、未承認のユーザー、複数のデバイスで複数のライセンスをチェックアウトするユーザーも存在する可能性があります。特に長期の在宅勤務の設定においては、ユーザーの適切な監視は大きな課題です。在宅勤務中のユーザーは、通常、使用していないときにライセンスをチェックインし直したり、同時にチェックアウトしたライセンス数に注意を払ったりすることにあまり注意を払っていないと報告されています。

    リアルタイム通知エンジンは、この課題を解決し、良い行動を促すことができます。在宅勤務の状況下でリソースの使用状況を監視するには、異なるプロセスやサポートの強化が必要な場合があります。ユーザーが長期間にわたってライセンスをチェックアウトしている場合、通知によってライセンスを解放し、拒否を回避することが非常に有効です。サーバーダウン、アプリケーションの最大利用時間に近づいている、ライセンスの有効期限切れアラートなど、その他のメトリクスは、これらの問題を前面に押し出すことで、管理者やマネージャーを助けることができます。これらのメトリクスにより、管理者は例外に集中することができ、完全なソリューションで提供される情報の一部を見つけるために、個々のサーバーに何度もログインする必要がなくなります。

Open iT LicenseAnalyzer™の3レベルソリューションにより、ソフトウェア ライセンスの管理をシームレスにリモート監視することができます。

利用データを収集、計測、分析することで、より詳細な意思決定のためのレポートを提供します。

また、オンプレミスやクラウドの幅広いアプリケーションのリアルタイムモニタリングや履歴レポート、プロアクティブなアラート、ライセンスリソースを最適化するためのカスタマイズ可能なダッシュボードも備えています。

レベル3は、アクティブに使用されていないアプリケーションを発見し、終了または一時停止することで、ライセンスを他のユーザーのためにプールに戻すことができます。

エンジニアリングやその他の技術的なソフトウェア アプリケーションの計測、分析、最適化のためのソリューションを革新してきた20年以上の経験を持つOpen iT は、現在の危機に関して組織が直面する課題に対処する苦労を理解しています。

Open iT サービスの継続的な進歩の一環として、企業は、ビジネスソリューションコンサルタントと直接対話し、IT資産の計測、分析、最適化を通じて、最適なコスト管理、リソースの最適化、ユーザーの生産性の最大化などの課題やさまざまな可能なソリューションについて話し合うことができます。

テクノロジー資産をより良く最適化する方法について詳しく知ることができます。当社のビジネスソリューションコンサルタントにご相談ください。

話をしよう

Open iT 、貴社のビジネスにどのようなメリットがあるかをご紹介します。
ご注意:
このフォームを送信することにより、Open iT からの追加の連絡を受け取ることに同意したものとみなされます。 お客様の情報は、当社のプライバシーに関する通知に従って処理されます。