エンジニアリングソフトウェア マネジメント:CIOによる自律化の推進

エンジニアリングソフトウェア は、エネルギー、製造、建設、航空宇宙、防衛など、多くの産業のバックボーンを形成している。これらのツールは、日々の業務に不可欠であるだけでなく、多くの場合、組織のIT予算のかなりの部分を消費し、財政的な負担も大きい。しかし、この投資は、組織内で進行中の議論につながる:これらのソフトウェア ライセンスを監督・管理すべきなのは誰なのだろうか。

エンジニアリングソフトウェア ライセンス:出費の増加

ガートナー社によると、世界のIT支出は2024年に5兆ドルを突破すると予測されており、そのうち1兆ドル以上がソフトウェア 。さらに掘り下げると、デロイトの最新レポートによると、IT予算総額の24%がソフトウェア 。

ライセンスされたエンジニアリング(ソフトウェア )に大きく依存している業界では、これらのアプリケーショ ンに対する財政的なコミットメントは標準を大幅に上回り、IT 予算全体のかなりの部分を占めています。このような金銭的な利害関係の高まりは、社内の力学を激化させ、これらの重要な資産(ソフトウェア )の 所有権、管理権、および管理権をめぐる IT 部門とエンジニアリング部門の間の顕著な権力闘争につながる。

CIO:コントロールは戦略的整合性とROIの向上につながる

ほとんどの組織では、IT支出の管理とIT投資に対するリターンの確保は、従来から最高情報責任者(CIO)に委ねられている。来年は技術支出が大幅に増加することが予想されるため、CIOはますますITランドスケープ全体に対する権限を主張しようとしている。

最近の調査によると、CIOは、ソフトウェア ライセンスを含むIT資産を完全に管理することを提唱している。彼らは、この一元化によって、イノベーションを推進し、投資を最適化するために必要な「敏捷性」と「コントロール」が得られると主張している。具体的には、CIO は、一元的な監視によって、ソフトウェア ライセンスの問題により効果的に取り組むことができ、これらの技術リソースを企業の包括的なビジネス戦略と密接に連携させることができると考えている。

エンジニア専門的なアプリケーションには専門的な管理が必要

これとは対照的に、エンジニアリング部門は、ソフトウェア ライセンスの管理 を求めるようになってきており、エンジニアリングアプリケーションの特殊性から、微妙なアプロ ーチが必要であると主張している。このような部門のリーダーは、ライセンスの取得、管理、利用、更新に至るまで、ライセンスを日常的に使用するエンジニアが直接管理することを提唱しています。彼らは、このアプローチがユーザーエクスペリエンスとエンゲージメントを高めると考えています。

エンジニアリング部門の責任者たちは、ライセンス管理における自律性は、現在のプロジェクトや特定のエンジニアリング課題に対する独自の要求に密接に沿った、より機敏で効果的な意思決定につながると主張している。彼らは、これらのツールを直接管理することで、パフォーマンスが向上し、技術革新が促進され、最終的にはこれらの技術への投資収益率が高まると主張している。

コラボレーション・エンジニアリングソフトウェア ライセンス管理:一歩前進

IT部門とエンジニアリング部門の双方が、エンジニアリングソフトウェア ライセンスの管理を望むのには強い理由がある。急速に変化する技術環境において卓越するためには、より良いコミュニケーションと協力のためにサイロを取り払い、協力的なアプローチを採用する必要があります。堅牢なソフトウェア ライセンス管理システムは、これらのライセンスを効率的に使用し、最適化するための鍵となります。

エンジニアは各領域の専門家ですが、包括的なライセンス管理ソリューションなしでは限界があり、ソフトウェア の効率を最大化する能力に影響を与えています。一方、IT 管理者は、戦略的な意思決定を行うために、エンジニアリングから信頼できるデータにアクセスする必要があります。

統一されたソフトウェア ライセンス管理システムがなければ、このようなデータの収集と分析は非効率的で、エラーが発生しやすくなります。このソリューションにより、IT とエンジニアリングのリーダーは、データに基づいた意思決定を共に行うことができ、ニーズに合ったソフトウェア ライセンスとモデルの選択が可能になります。これにより、意思決定が合理化されるだけでなく、各部門の目標が組織の広範な戦略と整合し、全体的な効率と成功が高まります。

Open iT:ITとエンジニアリングのコラボレーション

Open iT ソフトウェア ライセンス管理ソリューションとサービスのプレミアプロバイダである は、効果的なコラボレーションとコミュニケーションを妨げるサイロを解体し、IT 部門とエンジニアリング部門の統合を支援することができる。 は、ツールを提供するだけでなく、これらの組織部門間の結束力と生産性の高い関係を育成する触媒としても機能する。Open iT

コミュニケーション強化のための総合的な可視性

どのような組織においても、効果的な管理の鍵は可視性であり、これは特にエンジニアリングソフトウェア ライセンスの管理に当てはまります。Open iT は、広範なライセンス ポートフォリオのパノラマビューを提供し、IT 部門とエンジニアリング部門の両方がライセンスの使用状況を包括的に理解できるようにします。この透明性により、ソフトウェア 要件と予算に関するデータ主導の議論が容易になります。共通の理解を確立することで、Open iT は、両部門が、個々のレベルで有益であるだけでなく、より広範な組織の目標と同期する戦略を開発するのに役立ちます。

各部門のニーズに合わせたカスタマイズ可能なレポート

Open iTのカスタマイズ可能なレポーティング・ツールは、さまざまな部門の多様な要件を満たす適応性を提供する、際立った特徴である。IT部門は、これらのレポートを活用することで、コスト管理や規制遵守といった包括的な関心事に集中することができる。一方、エンジニアリング部門は、同じツールを利用して、使用傾向や特定のアプリケーションのパフォーマンスに関する深い洞察を得ることができます。このような柔軟性により、両部門が最も関連性が高く、実行可能な情報にアクセスできるようになります。

ライセンス・コンプライアンスを強化し、監査に備える

Open iT の最も重要な利点の一つは、ソフトウェア ライセンス契約の遵守を向上させる能力である。このコンプライアンスは、金銭的な罰則や風評被害を避けるために必要である。Open iT 、ソフトウェア 使用状況を正確に記録し、ライセンス条項と整合させ、それによって組織が常に監査に対応できるようにすることで、これを支援する。

戦略的意思決定の強化

戦略レベルでは、Open iT は、CIO やエンジニアリング・リーダーに、ソフトウェア 環境の全体的なビューを提供する。この包括的な視点は、新規投資、ライセンスの更新、リソースの再配分に関する意思決定の指針となる貴重なものです。Open iTのアナリティクスとレポーティング機能により、これらの意思決定は信頼性の高いデータに基づいて行われ、当面のニーズと長期的な戦略目標の両方を確実にサポートします。

エンジニアリング・ライセンスの争奪戦をなくす

このようなCIOとエンジニアリング部門との綱引きは、集中的なITガバナンスの必要性と各部門の専門的な要件とのバランスをどう取るかという、組織内で拡大しつつある課題を浮き彫りにしている。

テクノロジーが進化を続け、事業運営のあらゆる側面に不可欠なものとなるにつれ、これらの不可欠な資産(ソフトウェア )を管理するための協調的かつ効果的なアプローチを見つけることがますます重要になっている。

Open iT の利点をご覧ください。今すぐ Open iT 担当者にお問い合わせいただくか、デモをお申し込みください。


話をしよう

Open iT 、貴社のビジネスにどのようなメリットがあるかをご紹介します。
ご注意:
このフォームを送信することにより、Open iT からの追加の連絡を受け取ることに同意したものとみなされます。 お客様の情報は、当社のプライバシーに関する通知に従って処理されます。