なぜIT業務をアウトソーシングするのか?

なぜIT業務をアウトソーシングするのか

詳細はこちら

新しいテクノロジーが現代のビジネスを牽引し続ける中、アウトソーシングの必要性は飛躍的に高まっています。アウトソーシングの魅力は、コストの削減です。アウトソーシングを利用することで、従業員の給与や福利厚生などの直接的な経費削減はもちろんのこと、企業はビジネスの側面に集中し、重要ではあるがコアではないプロセスを日常業務から切り離すことが可能になります。また、知識へのアクセスが容易なため、高いスキルを持った人材を手頃な価格で見つけることができる。

しかし、このサービスがビジネスに与える影響を判断するためには、いくつかの欠点を評価する必要がある。時差、地理的な距離、対面でのコミュニケーション不足は、経営管理上の欠陥を引き起こす可能性がある。

アウトソーシング会社は利益を追求するため、機密保護契約を定めていても、仕事の質が低下する可能性がある。医療記録や給与記録などの機密情報が漏洩する可能性がある。第三者への高い信頼性が求められるアウトソーシングでは、企業独自のデータや知識を共有せざるを得ないからだ。コスト削減を追求し続けるビジネスリーダーは、最も高いスキルを持つプロフェッショナルを採用しようとするため、その意思決定の方法を変えています

アウトソーシングは、効果的なコスト削減のための唯一の解決策なのでしょうか?非中核業務プロセスをすべてアウトソーシングすれば、コスト削減が可能なのでしょうか。

最近のForrester社の調査(128人のIT意思決定者にITにおける13の主要な役割を評価してもらった)では、約34%の企業が、資産管理などの専門的なスキルはアウトソーシングされる可能性が高まっていると考えていることがわかった 。しかし、アウトソーシングの選択肢が増えることだけが、資産管理のコスト削減のチャンスなのでしょうか。

多くの企業では、資産管理の課題に対処するための最新のサービスやテクノロジーを導入していますが、まずは組織の最上層で、IT資産の重要性に対する文化的な認識を確立することから始めなければなりません。そのような意識は、知識労働者の生産性を向上させます。その結果、社内のリソースを超えて第三者機関に業務を委託し、アウトソーシングの料金を支払う必要がなくなります。

企業全体にインストールされているハードウェアとソフトウェアのリソースに関する情報を提供するクラス最高のツールを自社のIT担当者に装備させることで、彼らはより良い仕事をし、IT資産管理の課題を自分で克服することができます。

経営幹部の支持を得て社内でITAMの取り組みを確立することは、組織内の結びつきを強めるだけでなく、長期的には収益性を達成することになります。資産の最適化による長期的なコスト削減、そしてそれを自社のITプロフェッショナルに任せるという成功は、Open iTのIT資産管理ツールを使うことで実現できるのです。

不必要なアウトソーシングプロセスなしに、これらの節約をどのように実現できるかをさらに調査したい場合は、デモを予約して、より高いROIと節約に関する効果的なコスト削減オプションを学んでください

参考文献
i Marc Cecere, Varun Sedov, Sharyn Leaver. “Evaluating Key IT Roles.” Forrester 2 April 2010.
ii James Bucki, About.com Guide. “Outsourcing Disadvantages: Reasons That Outsourcing is Bad for Your Company.” 29 July 2010. 

話をしよう

Open iT 、貴社のビジネスにどのようなメリットがあるかをご紹介します。
ご注意:
このフォームを送信することにより、Open iT からの追加の連絡を受け取ることに同意したものとみなされます。 お客様の情報は、当社のプライバシーに関する通知に従って処理されます。
X