サブスクリプションベースとPPUのライセンスモデルの変遷

サブスクリプションベースとPPUのライセンスモデルの変遷の画像

企業が成長するインターネットを介してより接続されるようになるにつれ、分散ライセンスは企業の壁を越えて成長しました。そして、XaaSの提供の出現により、これまでデバイスにインストールされていたソフトウェアが、単にどこでも、誰でも、何でも、いつでも使えるようになりました。ライセンスは、もはやアプリケーションのユーザーだけでなく、プロセスや他のアプリケーションでも消費されるようになったのです。サブスクリプションとペイパーユースの価格設定がより一般的になり、ベンダーによって新しい独自モデルが毎年追加される中、ライセンシングは今日も進化を続けています。

最新のライセンシングモデルの中には、ライセンスの購入、所有、および使用におけるより最近の開発のバリエーションがあります。そして、特定のモデルに固有の明確な利点と欠点がある一方で、それぞれがその関連アプリケーションに適した場所と目的を持っています。

典型的なペイパーユースの価格設定プランから生まれたこれらの独自モデルの1つは、ユーザーが現在または将来的に認識されるニーズに応じて、事前に取り決めた条件に基づいて追加購入することにより、ライセンスプロファイルを迅速に拡張することを可能にします。本当の意味でのペイ・パー・ユースではありませんが、それでもユーザーは、短期間で急速に変化するニーズに適応することが可能です。したがって、初期のライセンス要件を過大評価するリスクを最小限に抑えながら、 リソースの生産性を維持することができます。

もうひとつの独自モデルは、 柔軟なライセンスとして知られています。上記と同様、顧客は基本レベルのライセンスを購入しますが、拡張は記録された正確なライセンス使用量に基づいて行われ、事後的に請求されます。この柔軟性は自動的に発生するため、追加のライセンスを手配する必要なくプロジェクトを完了することができます。拡張のためのライセンス単価は最初の基本レベルより高くなりますが、ライセンスが利用できないことによるダウンタイムはなく、生産性を中断させることはありません

さらに、トークンに基づく従量制のモデルもあります。このモデルでは、使用日数が記録され、使用したアプリケーションごとにトークンが消費されます。これにより、承認されたユーザーはライセンスを拒否されることなくアプリケーションを使用できるようになり、 自由な生産性が実現されます。お客様は、その年に使用するトークンのプールを購入することができますが、トークンには1年の寿命があり、それを過ぎると失効して使用できなくなります。したがって、未使用のトークンによる過剰支出や、トークンプールの不足による追加トークンのコスト増を避けるため、初期プールで購入するライセンス量のバランスを慎重に検討する必要があります。

重要なソフトウェアアプリケーションに対するビジネス需要が増加し続ける中、サブスクリプションベースとペイパーユーズのライセンスモデルは進化し続けるでしょう。これらのモデルが多様化し続ける中、適切なツールがなければ、さまざまなソフトウェア アプリケーションの把握と管理はますます複雑になり、困難になっていくでしょう。

Open iT LicenseAnalyzer™は、ライセンス方式に関係なく、さまざまなソフトウェア アプリケーションの使用状況を正確に測定することができる。LicenseAnalyzer を使用すると、異なるベンダーの異なるアプリケーションを単一のダッシュボード上でリアルタイムに追跡することができます。正確な使用履歴レポートを作成し、使用状況データを MS Excel、Spotfire、Tableau などのさまざまな BI ツールにエクスポートして、レポートを簡単に作成することができます。

LicenseAnalyzerおよびその他のOpen iT ソリューションの詳細をご覧ください。ソフトウェア ライセンス管理と最適化の旅をご案内します。

話をしよう

Open iT 、貴社のビジネスにどのようなメリットがあるかをご紹介します。
ご注意:
このフォームを送信することにより、Open iT からの追加の連絡を受け取ることに同意したものとみなされます。 お客様の情報は、当社のプライバシーに関する通知に従って処理されます。