IT業界最大の課題に今どう向き合うか

前例のない課題にどれだけ早く対応できるか?

残念ながら、この迫り来る問題に産業界全体で答えを出すには、COVID-19の大流行が必要だったのです。 

この世界を変えるような出来事は、現在のIT業界にも少なからず影響を与え、その結果、業界に多くの急激な変化がもたらされました。

実際、IT資産管理(ソフトウェア )は、デジタル変革、リモートワーク、サプライチェーンの混乱、生産性の低下、大流行後の職場の燃え尽き症候群などへの対応に企業が躍起になっていたため、需要が高まっていたのです。

この記事は、潜在的な問題、その対処方法、そして今後どのように進むかについて考察することで、あなたの組織が現在のIT業界の課題に備えるのに役立つことでしょう。

IT業界の6大課題とその克服法

1. ハイブリッドワーク環境

ハイブリッドワークの出現は、文化、ビジネスプロセス、そして従業員の職務の遂行方法を形成しています。

この傾向が続くと、ハイブリッドワーク環境のための優れた設計のアーキテクチャに投資しない企業は、競合他社に取り残される可能性があります。 

リモートワークを第一に考える取り組みを優先し、リモートでの協力やコミュニケーションを可能にするシステムとソフトウェアに投資しましょう。そうすることで、リモートの従業員にも効率と生産性を高める機会を平等に与えることができるのです。

2. クラウドへの移行

企業がクラウドコンピューティングサービスに移行することは、近年の最も重要な技術トレンドの一つです。

2019年の調査では、クラウド技術へのシフトが進む中、従来のサーバーで稼働するソフトウェア は今後3年間で半減するとされています。

さらに最近のガートナー2020の調査では、クラウドサービスを利用している組織の70% が、パンデミックがもたらす変化により支出を拡大する予定であることが判明しています。 

クラウドへの移行は、企業のITコストの削減、効率性の向上、セキュリティの強化、パフォーマンスの向上、イノベーションと開発のための余地の確保に貢献します。

しかし、企業のデータをクラウドに移行することは、複雑で困難なプロセスであり、慎重な計画と実行が必要です。

従って、クラウドへの移行で起こりうる問題点をよく理解し、統合に踏み切った後の解決策を用意しておく必要があります。

3. サイバー攻撃の脅威

企業は、パンデミックの期間中、業務へのアプローチの変更を余儀なくされ、ロックダウン中も生産性を維持するために在宅勤務の取り組みやクラウドへの移行を展開する企業もありました。

しかし、IBMのレポートによると、ITとビジネスプロセスが急速に変化する混乱の中で、セキュリティ対策が見落とされている可能性があるとのことです。データハッキングによる損害は、パンデミック期間中に1件あたり6億円と過去最高を記録しました。

パンデミック時のサイバー犯罪の増加の大きな要因は、サイバー犯罪者が在宅勤務の従業員から企業データ、顧客情報、知的財産を不正入手したことです。

ハイブリッドワーク環境のセキュリティ管理は、IT部門にとって喫緊の課題となっています。

しかし、サイバーセキュリティのベストプラクティスについて従業員を教育し、さまざまなセキュリティ対策を講じることで、サイバー攻撃で損失を被る可能性を減らすことができます。

4. 年々増加するIT投資と想定外の支出

近年、IT支出は着実に増加しています。実際、技術統合が進むべき道であると認識する組織が増えるので、2022年には600兆円を超えるペースになっています。

しかし、残念ながら、2022年はこの業界に大きな課題をもたらすことにもなります。

ロシア・ウクライナ戦争、サプライチェーンの危機、チップ不足、インフレ率の上昇などが同時に起こり、予測できない値上げや想定外の出費が発生し、それが積み重なって企業の年間予算を超えてしまうことがあります。

効率性、生産性、アウトプットを低下させることなく、今後数年間に起こりうる費用の増加に対抗するために、ライセンス管理や最適化ツールなど、IT費用を削減できるソリューションを検討する必要があります。このテクノロジーは、企業の規模を拡大すると同時に、コスト削減を支援するものです。

ソフトウェア 資産管理ツールを活用することで、資産の追跡、使用状況の監視、ユーザー、購入品、タスクの整理が可能になり、コストのかかるダウンタイムを削減する効果的な方法となります。

たとえば、LicenseAnalyzer2022 のようなツールは、場所、ビジネスユニット、プロジェクトグループごとに、いつ、誰が、どのように資産を使用しているかを示すことによって、組織のソフトウェア 使用状況の全体像を把握することができます。

5. 大量離職

このパンデミックは、「大辞職」現象を引き起こし、数多くの業界の労働者に、あるものはそれ以上の打撃を与えた。コンピュータとIT業界は、この大規模な転職によって大きな打撃を受けると予想され、2022年末までに40%の従業員が退職するか、退職を予定している。

Open iT  がどのようにこの問題を克服したかを参考にすれば、この大量退職の影響を回避することができます。

パンデミック時に社員が働きやすいような取り組みを行うことで、業界世界平均の4.1年に対し、4.3年の勤続年数の中央値を維持しました。

これには昇給の維持、勤務時間の調整、メンタルヘルスのセミナー、インターネット手当の支給、在宅勤務の義務付けなどが含まれます。

6. ソフトウェアの速い進化

企業がソフトウェアにアクセスし、それらをビジネスに統合する前に、ライセンスを有効化する必要があり、ソフトウェアライセンスは常に変化している状況です。

企業がより多くのアプリケーションやソフトウェア を採用するにつれ、これらの技術のライセンスや管理が複雑になる可能性があります。

したがって、レガシーまたはグランドファザリングされたソフトウェア とハードウェア資産を段階的に削除し、より効率的なソフトウェア ライセンスとクラウド資産管理などのIT 資産管理を採用するのが最善と思われます。

ITは前進する

確かに、IT業界は10年前とは大きく様変わりしています。

だから、技術の進歩であれ、ビジネスの要求であれ、パンデミックの混乱であれ、ITは前進する理由を見つけることができるのです。

どんな企業でも、前例のない課題に徹底的に取り組み、準備することはできませんが、すべての企業には、そこから学び、適応する機会が平等にあります。 

時代の変化に対応するのは自社の番だとお考えの方は、ぜひOpen iT でデモを予約してください。

ソフトウェア のソリューションが、お客様のビジネスにおいて、ソフトウェア のライセンスをより適切に管理し、新しい IT 産業のトレンドを取り入れるために、どのように役立つかについてご紹介します。

X