バーンズ&マクドネルがデジタルトランスフォーメーションを活用して競争優位に立つ方法

“LicenseAnalyzer2020 は、アプリケーションのコストと実際の必要性を評価するのに役立ちます。包括的な Open iT レポートのおかげで、経営陣は未使用のライセンスのみで、全体のソフトウェア費用の 25% も節約が可能になりました。”

Michael Allen、エンジニアリング・テクノロジー部長、バーンズ&マクドネル社

ハイライト

  • バーンズ&マクドネル社では、400以上の技術系設計アプリケーションの使用状況を把握する必要がありました。
  • ソフトウェア の3種類の資産管理ツールの中から、Open iT LicenseAnalyzer2022が選ばれた理由は、幅広いライセンスモデルを測定できること、そしてOpen iTの優れたデリバリーとコンサルティングサービスでした。
  • 包括的なレポートにより、経営陣は未使用のライセンスを発見することで、ソフトウェア全体の支出を25%も節約することができました。
  • Open iTの洞察を活用し、石油・ガス業界のプロジェクトでリースライセンス費用を35万ドル(4100万円) 以上削減することに成功しました。
  • バーンズ&マクドネル 社は、包括的なデータと標準化されたレポートを活用することで、変化の激しい業界において、プロジェクトチームのライセンスコストを最小限に抑えています。

会社・事業概要

バーンズ&マクドネル社は、100%従業員所有の企業グループで、専門的な建設サービスをグローバルに提供しています。エンジニア、建設専門家、建築家、技術者、科学者からなる11,000人以上の従業員を擁するバーンズ&マクドネルは、世界中のさまざまな業種のプロジェクトの計画、設計、建設、管理を手がけています。

ビジネスチャレンジ

買収が完了するにつれ、バーンズ&マクドネル社は多くの重複するライセンスを発見し、個別の契約を統合した企業契約が必要になってきました。 契約更新時のソフトウェアコスト交渉に有利になるよう、正確なソフトウェアの使用状況を把握する必要があったのです。

企業レベルでは、従業員がツールや権利を共有しました。しかし、バーンズ&マクドネル社では、各ビジネスラインのソフトウェアの使用状況を可視化したいと考えていました。その目的の一つは、ソフトウェアの利用コストを各ビジネスラインに提示することでした。そのためには、さまざまなライセンスモデルを持つアプリケーションを監視する必要がありました。 これらのライセンスには、ネームドユーザーライセンス、サブスクリプション、SaaSソリューション、および世界中にあるオンプレミス、プライベート、クラウドホスティングのライセンスマネージャからの同時使用ライセンスが含まれます。

また、石油・ガス産業の低迷により、石油・ガスプロジェクトが中断されたため、ソフトウェアへの支出を見直す必要性に迫られました。特に、さまざまなライセンス契約の再交渉の際に、ライセンスと権利の適正化の必要性が認識されたのです。

このほかにも、ソフトウェアの使用状況レポートプロセスの効率化を図りました。 ベンダー、技術、ライセンスの種類に関係なく、ソフトウェアの使用状況レポートを標準化することを目指したのでした。さらに、これらのレポートを1つのポータルで作成できるようにしていきたいと考えました。

ホワイトペーパー

コスト配分とITチャージバック

ITリソースの使用状況についての説明責任と認識を高めるための最も効率的な方法は、チャージバックシステムを導入することです。

ソフトウェア使用状況の監視と最適化

石油・ガスのIT環境における使用状況の監視が、多くの関係者にとってどのように有益であるかをご紹介します。

サブスクリプション及びペイパーユースのソフトウェアライセンスモデルの利用の増加

新しいライセンスを決定する前に、対象となるソフトウェア使用状況の適切な評価と計画を行うため、目的にあったソフトウェア使用状況指標とツールをご用意します

ガイドツアーに参加

1対1のウォークスルーで答えを得ます。
ライブ・デモのご予約はこちらから。あなたのビジネスにOpen iTソリューションがどのようなメリットをもたらすかをご説明します。
*印の欄は入力必須です

最新のブログ

ニュースレターを購読

ご登録いただくと、最新のニュースや情報をお届けします。



ニュースレターを購読していただき、ありがとうございます。

X