IT資産管理導入時の失敗例トップ6

企業が革新を続け、世界の現在のリソースに適応するにつれて、デジタルデータ、アプリケーション、ワークフローへの依存度が高まっています。これらの便利なプロセスに依存するには、企業が行うすべての選択と犯すすべての間違いが業務に大きな影響を与える可能性があることを企業から理解する必要があります。

このような間違いがあるからこそ、IT資産を正確に把握することが重要なのです。資産の価値を最大限活かすために、あなたのビジネスには、よく練られたIT資産管理(ITAM)プロセスを業務に導入する必要があります。

IT資産管理を成功させるために、次のような失敗をしないようにしましょう

しかし、さまざまな間違いがITAMの利点を損なう可能性があります。ここでは、実装を成功させるために避けなければならない一般的なIT資産管理の間違いを示します。

  1. 計画なしでの実装する

    すべてのユーザーは、システムが正しく動作することを前提にしているので、ユーザーはまず、システムの変更を検証する必要があります。そうすれば、業務に支障をきたすことはありません。計画を適切にたてずIT資産管理を変更することはビジネスに大きな損害を与えます。このようなシステムを最大限に活用し、労力、時間、費用を無駄にしないためにも、自社のニーズと要件を理解した上で、オーダーメイドのITAMシステムを導入してください。

  2. データ収集の欠如

    ソフトウェア資産管理システムには、導入前に徹底した調査とデータ収集が必要です。これらのデータは、ビジネス上の問題に対する最適な解決策を提供するために使用されます。十分なデータを収集せずに実装を始めてしまうと問題が発生した時の対応が遅れたり、ライセンスやアップグレードに必要ないくつかの要件に違反する可能性があります。報告書によると、IT管理者の56%が資産の位置を年に1回しか確認せず、10-15%は5年に1回しか確認していません。これにより、ITインフラが毀損しコストが高くなる可能性があります。

    インターネット・セキュリティ・センターによると、データ漏洩や不正アクセスを防ぐには、ITAMの自動化・一元化が重要です。従って、インベントリやハードウェアとソフトウェアの管理が最も効果だと言われます。そのために、最適な解決策をご紹介します。

    • すべての資産の購入と契約を把握します
    • 購入データに基づくレポートの生成する
    • 更新に十分な時間を確保するために、契約満了の通知を確実に受け取ります
    • IT監査をサポートするレポートを簡単に作成する
  3. ツールにすべての仕事を期待する

    すべてのソフトウェアライセンス管理ツールは、あなたがそれらに与えたものだけを取ることを忘れないでください。データソースが最初に正確でない場合、正確な結果は期待できません。ソフトウェア管理ツールに正確なデータを提供しない限り、すべてをソフトウェア管理ツールの手に委ねるだけでは不十分であることを思い出すことが重要です。ビジネスでさまざまなデータソースを利用すると、正確なデータを実現できます。Open iT LicenseAnalyzer 2022などのソフトウェア資産管理ソリューションは、ポーリング、ログ、OSカーネル、I / Oなど、さまざまなソースからデータポイントを収集します。

  4. 手作業による監査のみにこだわる

    監査の主な目的は、資産とビジネスプロセスを正確に維持することです。また、業務効率をテストし、資産に関連する活動に対する従業員の責任を推進することも可能です。しかし、これらの監査を手作業で行うだけでは、完全に監査されたシステムを実現することは難しいでしょう。手作業で監査を行うことは、時間、労力、費用を消費し、正確な結果をもたらさない可能性があります。

    これを解決するには、自動検出プロセスを備えたソフトウェアライセンス把握システムの導入を検討してください。このシステムにより、資産のパフォーマンスと資産を誰が使っているのかを確認することができます。こうすることで、リアルタイムでモニタリングすることができます。

  5. 予防保全を行わない

    "これは、資産の故障を未然に防ぐためのアプローチです。予防保全がなければ、ハードウェアやソフトウェアの資産が突然故障したと思ってしまうでしょう。実は、これまでにもトラブルの兆候はあったのです。
    予防保全は、問題を発見し、悪化する前に修正するものです。その結果、パフォーマンスの低下、効率の低下、ワークフローの大幅な遅延などの問題が発生する可能性があります。資産の把握、使用状況のモニタリング、ユーザー、購入品、タスクの整理を支援するソフトウェア資産管理ツールの活用は、コストのかかるダウンタイムを減らし、生産性を向上させる効果的な方法となります。"

    LicenseAnalyzer 2022は、場所、ビジネスユニット、プロジェクトグループごとに、いつ、誰が、どのように資産を使用しているかを表示することで、組織のソフトウェア 使用状況の全体像を把握することを可能にします。

  6. 専門家の言うことを聞かない

    ITAMができることは限られていますが、ソフトウェア管理システムでシステムの結びつきをすべて解決できると考えるべきではありません。また、その分野の専門家に助けを求めるのも良いアイデアです。結局のところ、彼らは、ITAMツールに対する高度な理解と、許可され取集されたデータを分析、解釈、発表する知見を持っています。これによって、実用的で有益なビジネス上の意思決定を行うことができるのです。ITAMの問題は絶えることがありませんが、ITAMに精通し、ライセンスを更新して組織を稼動させることができる人材がいることを知っておくとよいでしょう。

IT資産管理システムを実装する前に...

IT資産管理におけるミスは、予防の考え方で回避できます。この考えられるミスの一覧は、組織内で変更を行ったり、問題を解決したりするのに役立ちます。特に、さまざまなプラットフォームや場所で実行されている複雑で幅広いITリソースを扱う場合、それらを管理するために予防的、タイムリー、継続的な対策を講じることが重要です。

幸いなことに、優れた支援を提供できる専門家に助けを求めるという選択肢もあります。Open iT は、専門家によるソフトウェアライセンスと管理ソリューションを提供し、お客様のビジネスがより賢明な意思決定を行えるよう支援します。今すぐデモのご予約をしてください。

X