Jazz Team Server

Jazz Team Serverとは何ですか?#

Java Team Serverは、JavaベースのWebアプリケーションで、さまざまなアプリケーションを1つの論理サーバーとして協調動作させるための基盤サービスを提供します。

同じJazz Team Serverに登録されたアプリケーション同士が通信し、異なるアプリケーションのプロジェクト領域を関連付け、そのプロジェクト領域間で成果物をリンクすることができるようになります。

Jazz Team Serverは、IBMのEngineering Lifecycle Management(ELM)およびRational Collaborative Lifecycle Management(CLM)ソリューションの一部です。スタンドアロン、フローティング・ライセンス、トークン・ライセンスなど、さまざまなタイプのライセンスに対応しています。

フローティングライセンスは、Jazz Team ServerアプリケーションのサービスであるJazzフローティングライセンスサーバー(FLS)で管理されます。

一方、トークンは、Jazz Team Serverの拡張機能であるRational Common Licensing token serviceを通じて管理され、トークン要求を外部のRational License Key Serverへ転送します。

Jazz Team Server ユーザーの監視と管理#.

Jazz Team Serverには、ライセンスの管理や使用状況の監視に使用できるWebインターフェースとコマンドプロンプトユーティリティがあります。

管理用Webインターフェースには、ライセンスとユーザーの管理、サーバーの設定、アプリケーションとデータベースの管理、および基本的なトラブルシューティングのセクションが用意されています。

また、基本的なライセンス使用量とユーザー情報のレポートを提供することができます。しかし、より包括的で詳細な使用量計測レポートや分析を行うには、より堅牢なライセンス使用量計測ソリューションが必要です。

Open iT が Jazz Team Server#をサポートする方法

使用量情報は、Open iT LicenseAnalyzerがJazz Team ServerのFLSに定期的にポーリングして生の使用量データを収集します。

ライセンス使用状況をより正確に把握するために、この生の使用状況データをフィルタリングし、OSログ、CPU、I/O、マウスとキーボードなど、さまざまな他のソースからの使用状況データと組み合わせます。Open iTライセンスモニターポータルを通じて、この集約された使用状況データを使用して、リアルタイムのライセンス使用状況を表示します。

Core Reporter and Analysis Serverを使用することで、管理者は重要な使用履歴レポートを作成し、ライセンスの最適化やソフトウェア コスト削減のための領域を特定するのに役立てることもできます。

これらのレポートには

  • ライセンス総使用量
  • ユーザーレベルのライセンス使用状況
  • ユーザーグループレベルのライセンス使用状況
  • 最大同時使用ライセンス数

これらのレポートにより、組織がJazz Team Server下に登録されたアプリケーションのライセンスを効果的に管理するために必要な可視性を得ることができます。

X