共通の目標を持つ2つのプラクティス - ITAMとFinOps 

クラウドベースのITの急速な成長により、組織のIT環境の大部分を1つまたは複数のサードパーティに任せることによるコストと複雑さを管理するための規律が必要になった。これは、FinOps Foundationによって設計され、構造化されたFinOpsとして具体化された。当初は3つのハイパースケールクラウドプロバイダー(AWS、GCP、Azure)に焦点を当てていたが、クラウドの顧客がマルチクラウドアプローチを採用し始めたため、FinOpsは複数のクラウドベンダーと状況に対応できるように調整された。FinOpsは、クラウドベースのインフラ、プラットフォーム、ソフトウェア を管理するための考え抜かれたアプローチだが、意図しない結果も生じていた。そのため、IT資産の管理に利害関係のあるビジネスの他の分野、特にITSM、ITAM、SAMとFinOpsを連携させる必要があった。 SAMとFinOpsの連携については別の記事で説明する。ここでは、FinOpsとITAMがIaaSとPaaSに関して一つの声で話せるようにするために何をすべきかを考える。まず、ITAMとFinOpsの定義を見てみよう。 

このITAMの定義はISO標準化委員会によるもので、ISO/EC標準19770を正当化するものである。 

「IT資産管理(ITAM)は、IT資産のライフサイクルの全段階を通じて、IT資産を検出、追跡、管理、最適化するためのシステム、プロセス、テクノロジーを包含する。IT資産とは、組織が所有し、代金を支払い、直接的または間接的に利用しているIT関連のハードウェア、ソフトウェア 、サブスクリプション、サービスなどと定義される。このIT資産の定義は幅広く、サーバー、デスクトップ、モバイルデバイスだけでなく、IoT、ネットワーク、ストレージデバイス、ソフトウェア as a Service、Infrastructure as a Service、Platform as a Service(SaaS/IaaS/PaaS)などのクラウドサービスも含まれる。"

(https://committee.iso.org/sites/jtc1sc7/home/news/content-left-area/news-and-updates/it-asset-management-standards-is.htm)

FinOpsはこれと比べてどうだろうか?FinOps Foundationは、FinOpsを本質的に文化的な実践であり、財務とDevOpsがチームとして協力して組織のクラウド利用を最適化するものだと説明している: 

FinOpsは、進化するクラウド財務管理の規律と文化的慣習であり、エンジニアリング、財務、テクノロジー、ビジネスの各チームがデータ駆動型の支出決定において協力することで、組織が最大のビジネス価値を得ることを可能にする。 

(*定義は更新されました:2021年11月、FinOps Foundation技術諮問委員会により更新) 

明らかに、この2つの業務は同じ目的を持っているにもかかわらず、多くの組織では互いに独立して運用されているようだ。そのため、成熟したITAM環境があり、効果的なチームによって管理されている組織であっても、IT資産に対する過剰な支出だけでなく、ベンダーとの契約に対するコンプライアンス違反のリスクが高まる可能性がある。これは、ITAMが有形資産とオンプレミス資産にのみ責任を負うと誤解して、さまざまな事業部門がIT調達をバイパスしてクラウド・ソリューションに独自に投資したために起こったと推測するしかない。実際、ISO/IEC 19770では、ITAMは物理的、デジタル、仮想を問わず、あらゆる種類のIT資産に責任を持つと明記されており、この分類によれば、FinOpsはITAMの一部である。 

心の交流を可能にする

FinOpsは6つのドメインを定義しており、各ドメインは関連する一連の活動を表している。各ドメインには特定の能力があり、組織はFinOpsの成熟に至る過程で、その能力レベルを達成しなければならない。この記事で探求している特定のドメインは「組織の調整」であり、コンピテンシーは「ITAM/SAMの交差点」である。ITAMチームとFinOpsチームの間には相互の付加価値が生まれる可能性があるが、統合されていない組織には、支出超過や潜在的なコンプライアンス違反という形で、かなりのリスクも存在する。しかし、ほとんどの企業がこうしたリスクを認識しているにもかかわらず、統合を実現している企業は非常に少ない。統合の達成に向けて取り組んでいるところでは、SAMに注目が集まっているが、ハードウェアとインフラ(HAM)はレーダーの下で運用されている。ITAMチームは、以下のような課題に直面している。 

  • オフプレミスで稼働する仮想資産やデジタル資産の可視性の欠如 
  • これらの資産の利用状況に関するリアルタイム/非リアルタイムのデータを得ることができない。 
  • クラウド資産のライフサイクルは非常に不安定で短期的である。複雑な計算のためにGPUやQPUをレンタルすることを考えてみよう。 
  • 一般的に、HAMサービスには複数のクラウドベンダーが契約しており、それぞれが独自の価格体系を持っている。 
  • ITAMチームとSAMチームが使用する用語に矛盾が生じることがある。 

上記の課題を解決することは、方程式の一部に過ぎない。特に、遵守すべき法律が差し迫っている地域では、持続可能性のモニタリングと管理を統合する必要性が高まっている。オンプレミスの炭素排出量を報告するだけでは不十分で、包括的なESG報告には、組織のITサプライチェーンにおけるすべてのプレーヤーを視野に入れる必要がある。これは、ITAMの役割にさらに説明責任を追加することになるが、この要件については、IT領域における持続可能性の測定と報告の実践であるGreenOpsに関する別の記事で説明する。 

何から始めるべきか

ITAMとFinOpsのビジネスモデルの整合と、ITAMの制度的知識に支援されたFinOpsのライフサイクルである。CCOE(クラウド・センター・オブ・エクセレンス)の構築に向けて、2つの主体間で共通の分類法、ポリシー、プロセス、データ管理について合意する必要がある。  

その目的は、オンプレミス、オフプレミスを問わず、消費に関する適時かつ正確な報告を、ユーザーが理解できる形式で行うことである。これはまた、ユーザーが自分の役割と責任を理解できるように、ユーザーの参加とトレーニングを伴うべきである。これは明らかに一朝一夕にできることではなく、反復的な作業である。FinOpsのライフサイクル「情報提供、最適化、運用」は、ISO/IEC 19770とFinOpsの実践の両方がまだ進行中であるため、明確な終着点がないこの旅を支える有用なプロセスである。 

FinOpsの猫の群れ

FinOpsチームの歩みは、ITAMチームがすでに歩んできた道と非常によく似ている。まず、会社中の各部門が契約しているさまざまなクラウドサービスを一元管理することから始まる。各CSP(クラウド・サービス・プロバイダー)は独自のコストとルールをビジネス・モデルに組み込んでいるため、このような細分化は当然、過剰支出や潜在的なコンプライアンス違反につながる。そこでITAMは、ベンダーの契約書の小さな活字を読み解くスキルを身につけ、支援することができる。ビッグ3 "のハイパースケーラの価格設定モデルは、予想される使用量などの変数に基づいて幅広い割引を提供し、企業はそれにコミットする(CUD - Committed Use Discount)。明らかに、多くの小さなサブスクリプションよりも、最良の割引を得るために全社的なCUDを持つことは理にかなっている。  

ITAMとFinOpsで逆に機能するのはコスト配分だ。成熟したITAM環境では、利用コストは部門にチャージバックされるが、FinOpsでは各部門がクラウドの利用料金を契約している。ビジネス・ユーザーが利用時間やコンテナの管理といった要素に注意を払うことは期待できない。これにはITAMとFinOpsの共同作業が必要になる。 

全社的なクラウドの利用状況を俯瞰できるようになれば、サービスの最適化を開始することができる。これには、正確なレポート作成と、さまざまなサブスクリプションや契約の精査によるコスト削減の確認、そして最も重要なのは、クラウド管理、そして当然ITAMの主な目標であるビジネス価値があるかどうかの確認が含まれる。ITキャンパスの管理におけるITAMのスキルは、FinOpsにとって非常に貴重なものとなる。  

これは、両プラクティスを整合させるために必要なことの概要である。また、ITAMとFinOpsが提供するサービスにおいて統一されていることを、他のビジネス部門が認識することも重要である。ITAMは、FinOpsの台頭以前にはほとんど注目されてこなかった。今、社内の全員が、クラウドの利用が自分たちの行動によってどのような影響を受けるか、またその逆も然りであることを理解し始めているため、ビジネスにおけるITAMの重要性が定着しつつある。しかし、ITAMが業界全体で理解され、遵守されるようになるまでには、数年以上かかるだろう。 

アライメントへのゆっくりとした旅

ITAMとFinOpsの連携の必要性は、大多数の組織で認識されている。しかし、FinOps Foundationの「2023 State of FinOps Report(2023年FinOpsの現状レポート)」では、完全な統合を報告した回答者は全体の5%に満たなかった。残りの75%の組織にはFinOpsチームが存在しないか、FinOps担当者がITAMから独立して業務を行っていた。  

(FinOps財団のスクリーン・クリップで、これらの統計が示されている https://data.finops.org/#3305

オンプレミスとクラウドの両方で、ソフトウェア ライセンスを表示および管理するための 1 つのソリューションを持って、データに基づいた情報に基づいた意思決定を行うためには、企業がこの統合に時間と労力を優先させなければならないことは明らかである。Open iT は、貴社のすべてのソフトウェア 資産を可視化し、さまざまな部門間のサイロ化を解消するお手伝いをいたします。ライセンス使用に関する正確なレポートを取得し、コスト最適化の機会を特定する方法については、当社までお問い合わせください。 

話をしよう

Open iT 、貴社のビジネスにどのようなメリットがあるかをご紹介します。
ご注意:
このフォームを送信することにより、Open iT からの追加の連絡を受け取ることに同意したものとみなされます。 お客様の情報は、当社のプライバシーに関する通知に従って処理されます。