カスタマーサクセスストーリー

Fortune 100

Fortune 100社に登録されたエネルギー企業、6ヶ月以内にライセンスコスト削減で10倍のROIを獲得

"Open iT Softwareを利用して、私が必要とするすべてのレポートを作成することができます。さらに、社内の各拠点で当社のソフトウェア資産の他の管理者やアナリストも同様に作成できることが分かっています。"

概要

  • このFortune 100社に登録された企業は、研究・生産拠点で使用される高価なソフトウェアライセンスを幅広く保有していました。
  • 会社の規模が大きくなるにつれ、使用状況データの収集やレポート作成を効率化したいというニーズが明らかになりました。
  • 複数のソリューションプロバイダーを評価し、社内ソリューションも検討した結果、柔軟で詳細かつ使いやすいレポートを提供しているOpen iTが選ばれました。
  • 世界中の拠点からソフトウェアの使用状況データにアクセスすることで、ソフトウェアベンダーとの再交渉やITリソースの最適化を行い、6ヶ月以内に10倍のROIを得ることができました。

事業概要

今回紹介するのは、世界30カ国以上に約3万人の従業員を擁する世界最大級の総合エネルギー企業です。研究・生産拠点で使用されるソフトウェアライセンスはますます高額になっており、管理者はコストを制御し、IT投資とビジネスを適切に連携させる必要がありました。分析やより良い投資計画のためには、複数の管理部門に各拠点の使用状況パターンの情報を提供できるIT資産管理のための計測とレポーティングツールが必要でした。Open iT計測ソフトウェアを使用することにより、6ヶ月以内にライセンスコストを削減し、10倍のROIを得た方法を以下にご紹介します。

ビジネスチャレンジ

約1,700人のハイエンド・ソフトウェア・ユーザーを抱えるこのテクノロジーに依存した企業のIT資産管理者にとって、機器のニーズを満たすこと、コストを抑えること、各IT投資の価値を評価することは、継続的な課題となっていました。ビジネス・マネージャーにとって、ITリソースが会社の収益のどこに、どのように貢献しているかを確認することがますます重要になってきました。さらに、会社の合併に伴い、重複するソフトウェアの排除、ベンダーとの契約の再交渉、高額なIT投資がビジネス全体の目標達成のためにどこでどのように使われているかを経営陣に正確に伝えることなどが必要になりました。

使用状況のレポートを経営陣に提出するには、複数の人間が複数のステップを踏まなければならないため、常に困難が伴いました。これには、スクリプトを作成してデータを手作業でエクセルのスプレッドシートに転送するという骨の折れる作業が含まれており、そのために技術者は本来の仕事を脇に置いておかなければなりませんでした...。

「主要な技術担当者に、ソフトウェア使用状況情報の Excel スプレッドシートを手動でまとめる作業を依頼するのにうんざりしていました」 と、同社のグローバル アプリケーション ポートフォリオ マネージャーは説明しました。 「この情報は会社にとって重要だとわかっていましたが、その結果、重要な業務が延期されなければならないこともわかっていました」。

全社的なチャージバックのために、ビジネスデータと使用状況データを統合する効果的な方法がなかったのです。経営陣は、適切な予算配分を行い、また重要な経営判断を行うために、各所在地の各ユーザーがどのようにIT費用を使用したかを確認する必要がありました。また、ソフトウェアベンダーと長期的な目標を適切に交渉するためにも、同じデータが必要でした。

ホワイトペーパー

コスト配分とITチャージバック

ITリソースの使用状況についての説明責任と認識を高めるための最も効率的な方法は、チャージバックシステムを導入することです。

ソフトウェア使用状況の監視と最適化

石油・ガスのIT環境における使用状況の監視が、多くの関係者にとってどのように有益であるかをご紹介します。

サブスクリプション及びペイパーユースのソフトウェアライセンスモデルの利用の増加

新しいライセンスを決定する前に、対象となるソフトウェア使用状況の適切な評価と計画を行うため、目的にあったソフトウェア使用状況指標とツールをご用意します

ガイドツアーに参加

1対1のウォークスルーで答えを得ます。
ライブ・デモのご予約はこちらから。あなたのビジネスにOpen iTソリューションがどのようなメリットをもたらすかをご説明します。
*印の欄は入力必須です

最新のブログ

シーメンスNX、AEC業界のニーズに応えるべく刷新

シーメンスNX、AEC業界のニーズに応えるべく刷新

人気のモデリングおよび設計ソリューションソフトウェア Siemens NXは、2023年12月のリリースで新しいBIM機能を追加した。建築、エンジニアリング、建設(AEC)分野の特定の要件を満たすために特別に調整された高度なBIM機能により、シーメンスNXライセンスの需要は増加する可能性が高い。この開発により、ライセンスが複雑になる可能性が高く、以下の必要性が強調されています。

詳細を見る

Power BI によるライセンス使用状況レポートのエクスポートガイド

ライセンスの使用状況に関する特定の情報をさまざまな部署に配布することは、多くの企業で共通して必要なことです。Power BIを活用することで、この作業が大幅に効率化されます。この堅牢なデータ可視化および分析ツールは、データの価値を高めるさまざまなオプションを提供し、さまざまな部門の個別の要件を満たすカスタマイズされたレポートの作成と共有を可能にします。

詳細を見る

LicenseAnalyzer 、Power BI/Tableauでカスタマイズ可能なレポートを作成する 

Open iTのLicenseAnalyzer の主な特徴の一つは、特定のニーズや好みに合わせてカスタマイズ可能なレポートテンプレートやアドホックレポートを作成できることです。LicenseAnalyzer 組み込みのレポート・デザイナーを使用してレポート・テンプレートを作成・編集することもできますし、Open iT Analysis Server のデータを Power BI または

詳細を見る

ニュースレターを購読

ご登録いただくと、最新のニュースや情報をお届けします。



ニュースレターを購読していただき、ありがとうございます。

話をしよう

Open iT 、貴社のビジネスにどのようなメリットがあるかをご紹介します。
ご注意:
このフォームを送信することにより、Open iT からの追加の連絡を受け取ることに同意したものとみなされます。 お客様の情報は、当社のプライバシーに関する通知に従って処理されます。